【夜行バスで0泊5日】合計約3万4千円!平日5日間で使った旅行費用【バス代・食事代諸々】

【夜行バスで0泊5日】合計約3万4千円!平日5日間で使った旅行費用【バス代・食事代諸々】

こんばんは、とらをです。

6月25日月曜日から29日金曜日まで、夜行バスで夜を過ごす0泊5日の旅に挑戦しました。

一度も横にならずに辛くないのか?というのはこちらで紹介したようにまったくしんどくなかったのですが、

移動費をそんなにケチって、結局全日程でいくら費やしたのか?も気になるところ(私だけ?)。

ということで、今回乗車した高速バス料金を含めたすべての旅行費用をまとめてみました。※電車賃はICカードで支払っています(青森県以外)が、引き落とされる詳細料金を記載しています。

1~2日目、大阪~埼玉

f:id:tolawo:20180626074916p:plain

大阪・天王寺からスタートし、2日目埼玉・大宮に到着。お水付きの快適な夜行バスの料金は2,000円でした。

細かい動きは後日レポートで振り返っているので、費用が発生した経過のみを記録してみましょう。

大宮に到着してすぐ、カフェ「ベローチェ」でモーニングを注文しました。お値段は420円。ふだんはあまりカフェのモーニングは利用しないのですが、案外安くて驚きました。朝のパン&コーヒーは最高です。

その後、温泉を目指して大宮駅から鉄道博物館駅まで電車で移動。料金は185円

温泉の開店時間まで少し時間があったので、近くのコンビニで100円のジュースを購入。(値段を考慮したのではなく、単に100円の野菜ジュースが飲みたかった。)

少し休憩してから、おふろカフェ「utatane」で1時間の温泉を利用して500円でした。備え付けのシャンプーや化粧水で髪とお肌がツルツルになって大満足。

おふろカフェで使ったマイタオルを乾かすためにコインランドリーで100円乾燥を利用。

f:id:tolawo:20180629115745j:plain

歩いて大宮公園まで行ったあとは、お昼ごはんに来来軒で黒酢醤油の冷やし麺をいただきました。510円。美味しかったなあ…。

ガンガンに効いた冷房に若干体を震わせながら店を出て、大宮駅から武蔵丘陵森林公園を目指します。電車・バスを使って森林公園西口まで983円

国内唯一の国営森林公園、入園料は450円でした。近くに住んでいたら年間パスが欲しいです。

帰りは、小江戸を探索するために川越市駅で下車。電車・バス賃は659円

f:id:tolawo:20180629153601j:plain

ブラブラと歩き回って、郷土料理のお店「開運亭」へ。豪華なすったて御膳をいただきました。1,180円なり。

思いのほか満腹になったお腹をさすりながら、歩いて川越駅へ。青森に向かう夜行バスに乗るため、池袋駅を経由して新宿駅へ向かいます。電車賃は617円

埼玉観光はこれで終了。合計金額は5,704円。夜行バス料金2,000円を含めると7,704円になりました。この日はけっこうやりたいこともできて満足だったので、それでこの結果は嬉しいですね。

2~3日目、新宿~青森

f:id:tolawo:20180630114143p:plain

大都会新宿~青森の夜行バス料金は、4,750円。車内トイレやUSB電源が付いていて快適でした。

あおもり駅に到着後、徒歩10~15分くらいのまちなかおんせんへお邪魔しました。入浴料は450円。ほかにタオルセットを200円でレンタルして、コインランドリーも100円分利用しました。あと自販機で120円のジュースも買いましたね(細かい)

あおもり駅周辺に戻ってきて、有名なおさない食堂で朝&昼食をいただきました。さしみ定食980円はめちゃくちゃ安いです。

f:id:tolawo:20180630114346j:plain

本場の美味しいホタテを食べたあとは、あおもり駅から弘前駅へ。電車賃670円

50分くらい電車に揺られたあと、折り畳み傘に猛威を振るう天気に負けてドトールへ避難。Mサイズのコーヒー270円

ドトールで100円バスの存在を知り、目的地だった弘前公園へ。公園に入る前、道路沿いでたまたま見つけたアップルパイの文字に惹かれてカフェ「葡瑠満」にお邪魔しました。

f:id:tolawo:20180702162111j:plain

お上品すぎるエスプレッソ750円)と、甘さ控えめのアップルパイ400円)を頬張る旅人…。アップルパイが意外と安いと感じるのは私だけではないはず。ごちそうさまでした。

夕方の弘前公園を堪能したあとは、弘前の街並みを眺めながら歩いて弘前駅へ。ものすごく中途半端な時間に戸惑いながら、お土産屋さんで小さい贈り物を購入。1,998円。その後、小腹が減った&青森県のコンビニを初体験するために駅前ファミマでパン類を購入。203円を払って、暗いベンチでモグモグしていました。

青森県の観光はこれでおしまい。物足りない感じがものすごくあって、今度は数日滞在してみようと決めた1日でした。消費額は6,241円。バス代の4,750円を合わせて10,991円となりました。

3~4日目、弘前~新宿

f:id:tolawo:20180701094648p:plain

弘前~新宿へのバス料金は4,750円。運行会社もバスも、前の日と同じでした。

実質最終日なのに、1番中身の薄い1日になってしまった東京観光。朝から温泉が見つからず、ダイコクドラッグで537円のドライシャンプーを購入しました。

これが都会の喧騒というやつか…!と忙しそうな人たちに埋もれながら、目的を果たすため目黒駅へ。電車賃は165円

気になっていた寄生虫館(入館料無料)をたっぷり堪能したあとは、東京でもっとも楽しみにしていたトラベラーズファクトリーへ。目黒駅から中目黒駅まで、電車で195円でした。

f:id:tolawo:20180701094954p:plain

トラベラーズファクトリー!…の前に、腹ごしらえをするためサイゼリアへ。昼食探しに1時間くらい迷ったのでお腹ペコペコ。500円のランチセットをいただきました。東京来たよ感はゼロですが、庶民の味方です。

f:id:tolawo:20180701095016p:plain

そしてようやく、念願のトラベラーズファクトリーへ。店内を何周も観て悩んだ結果、2階カフェスペースでいただいたコーヒーを含めて5,692円のお買い上げ。何気にココが1番消費したポイントでした。大満足。

トラベラーズファクトリーでゆっくり休んで、東京タワーを目指すことに。中目黒駅から神谷町駅へ、電車賃は165円でした。

f:id:tolawo:20180701095357p:plain

東京タワーがそびえ立つ街をカメラにおさめたあとは、体力が残っていたので歩いて街を散策してみることに。夜行バスが出発する東京駅を目指して、大都会のなかを歩き続けました。

東京駅に到着して、またもや中途半端な残り時間に悩む私。そういえば今日全然ご飯食べてないな、と思い出し、駅の中を物色。しかしどこに入っていいか分からず、結局お手軽そうなカフェに入店。

f:id:tolawo:20180701095432j:plain

メニューにはご飯類もあったのに、甘いものが食べたくて頼んだブリュレinバウムとカフェオレ。2点で870円でした。オシャレな夜…!

カフェでPCを開いて状況報告したところで、バスの出発地点を確認するため地上へ。

出発までは時間がまだ少し残っていたので、構内のドトールでアイスコーヒーを一杯。Sサイズ250円なり。

こうして0泊5日の旅、最終日の東京観光は終了しました。消費額は8,374円。バス代を合わせて13,124円となりました。薄い中身のわりに高額なのは、トラベラーズファクトリーで遠慮なく自分へのご褒美を選んだから。たまにはこういう贅沢も必要なのです…!

どの日程にも含めていないですが、東京から大阪へ帰る夜行バス料金は1,700円でした。

バス代含めて33,519円!

f:id:tolawo:20180630114705j:plain

(滅多に飲まない高級エスプレッソ)

というわけで、0泊5日すべての日程で使った金額を詳しくまとめてみました。今回は少し徒歩の移動時間が多かったので抑えめになりましたが、もう少し豪華にしてみてもよかったかな?という感じですね(個人的には歩くのが大好きなので満足ですが)

さて、今回の旅で消費したお金、移動&ホテル替わりの夜行バス電車賃飲食代など旅中に使ったすべての金額の合計は33,519円という結果になりました!(夜行バス予約時の国内旅行傷害保険料500円を加算)

途中加算忘れがあったとしても自販機購入の飲み物ぐらいだと思うので、+500円以内くらいでしょう。

3万4千円に収まるというのはけっこうスゴイ金額ではないでしょうか。少々ケチりすぎた感も否めないですが。

私はぶっつけ本番な旅が好みなので計画は軽く立てるだけにしてみましたが、まったく知らない土地に行くなら1~2時間単位の計画性が必要かもしれません。朝から晩までの時間が限られているので、せっかく安い旅にするならみっちり楽しみたいですよね。

ということで、次の旅ではもう少し細かいスケジュールを計画してみます(笑)。そして今回の33,519円という結果を参考に、旅の予算なんかも考えていきたいですね!