大阪の爬虫類イベント、ジャングルハンターでカエルとヘビを連れて帰ったお話

大阪の爬虫類イベント、ジャングルハンターでカエルとヘビを連れて帰ったお話

 

こんにちは、とらをです。

先日、大阪の本町で開催されたジャングルハンター
行ってきました。大きなカバンを握りしめて(誰か連れて帰る気満々)

イベント自体は10時開催ですが、それは先行入場で
12時からだと500円(先行の半額)ということで12時から参戦。

まあ~人の多いこと。
爬虫類・両生類だらけなので室温を高めに保ってるのですが、
+人だかりとなるととんでもない暑さ。冬でよかった。

この日、こいつを見つけたら連れて帰る!
と決めていた子がいました。それが↓

みんな大好きミツヅノコノハガエルです。

値段なんて関係ねえ。僕はこいつを連れて帰るんだ。
ってことで、女の子に即決しました。うそです、3匹いたのでどの子にするかだいぶ悩みました。

サイズはすでに10センチ弱

かっこかわいいとはまさにこのことだな、なんて思いながら別ブースをウロウロしていると…

お惣菜パック(ではないけど)の中からつぶらな瞳を見せるボールパイソンの男の子

いや、本当に連れて帰る気はなかったんです。
だってミツヅノだけって決めてたし。今月生体お迎えしすぎだし。

でも確実に「ボクを連れて帰ってよ~」みたいな目なんですよ、あれは確実に。
ショップ店員さんに伺うと「エサ食いも良くてめっちゃ元気ですよ!」とのことだったので、

しゃあねえな、連れて帰ってやるよ…
みたいなスタンスで決めました。これでも15分は悩みました。

なぜそんなに悩んだのかと言うと、
ヘビとの生活がはじめてだったから。

動画やブログで勉強はしてたものの、
いざ初迎えとなると「本当にいけんのかな…」って不安がつきまとうのです。

でも決めてよかった。だってめちゃくちゃ可愛いもん。
ハンドリングはまだ控えてるけど、手のひらに収まるサイズ。

モルフはヘテロクラウンだそうで、
店員さんいわく「大きくなるともっと綺麗な色になるんじゃないかな~」とのこと。

ふふふ、成長が楽しみだね。

ちなみに、緊張の初給餌は無事成功しました。
ホッパーマウスを尻尾から食べるという大胆なテクニックにじゃっかん焦りましたが大丈夫そう。

どちらかと言うとミツヅノのほうが気がかりだなあ。
エサをまだ何も食べていないという…。

アマガエルやヒキガエルなんかに比べたらかなり難易度高めだそうで
勉強しつつ、いろいろ試しつつ頑張ってみよう。

夜中じゅうカメラ回して観察とかしてみたいなあ。

あ、名前何にしよう。。。