リニューアルされた長居公園の植物園でバラと野草の一人撮影会【自然観察】

リニューアルされた長居公園の植物園でバラと野草の一人撮影会【自然観察】

 

こんにちは、とらをです。

一日前に雨が降ったばかりの5月22日(水)、ポカポカ&涼しい風が吹く気候を見逃さず自然観察へ行ってきました。

目的地は長居公園
このブログでも2回ほど登場していますが、家から近くてたくさんの生きものと触れ合えるので大好きなのです。

ちょうどバラの開花時期で、園内のバラ園ではローズウィーク2019が開催されていました。
しかも「バラの回廊」が5月11日リニューアルされたばかり!(行ってから知りました)

バラ園は26日までの期間限定なので、晴れの日を狙ってスケジュール調整。

心地よい風が吹く天気のなかパシャパシャ撮ってきたので、さっそくご紹介していきます~!

長居駅から長居公園・植物園へのアクセス

約一年前にも投稿しているのでおさらいになりますが、空の写真も楽しめるので見てください(強引)

JR阪和線・長居駅またはOsakaMetro御堂筋線・長居駅が最寄り駅です。

JR阪和線からは、改札を出て右手(東口)へ。

東口を出て後ろを向いて、写真のような道を進むと…

もうすぐ先に長居公園の木々が見えています。

ただ、大きな道路を挟んでいて渡れないので、大通り沿いを右折。

1分と歩かないうちに交差点があるので、道路を向かいにわたります。

で、すぐに公園へイン。
この近くに御堂筋線の長居駅があります(写真忘れました陳謝)

阪和線に比べて出口が多いのですが、長居公園に近いのは3番出口です。

上の写真では写っていないですが、通常は左手に女の子2人の銅像&噴水があります。
(オクトーバーフェスト開催中でした。行きたい……!)

この道をずっとまっすぐ、行き止まりまで直進。

ジョギングやお散歩中の人たちが通る歩道を右へ。

このとき正面あたりに看板が立てられています。
こんなブログより看板のほうがあてになりますよね。ぜったいに。

5分ほど道なりに進むと、2股に分かれるところで看板発見。

何をモチーフにしたのかよくわからないキャラクターが見えたら、左側に進みます。

ようやく植物園のカケラが見えてきました。

そう、駅から歩くとなかなか遠いんです。というか長居公園自体が広すぎるんです。

写真の正面にある入口は団体専用なので、一般のお客様は右側から入ります。

これが植物園・博物館の入り口です。

中はちょっと複雑な配置になっていて言葉では説明しづらいのですが、
写真のようなちょっとした博物館もあります。こちらは無料で何度見てもOK

大阪で観察できる植物・鳥・昆虫が標本展示されていて、小魚は生きているものも見られます。

この建物から外に出るときに、植物園のチケットを購入。

植物園のみで200円市立博物館との共通チケットは300円です。やっすい。
ちなみに年間パスポートもあるので、近くにお住いの方はぜひ…!

5月11日オープン「バラの回廊」が素敵すぎた

最近雑草に興味が出てきて図鑑も購入したのですが、
バラやヒマワリ、チューリップなんかはそれほど魅入られないな~と思っていたのです。

しかし、私もついに美しい花に惹かれる心が芽生えてきました。

といってもバラの種類についてはまったくわからないので、ポンポン写真落としていきます。
(実際にはすべてのバラに名札が立てかけており、入り口付近には全体図もあります)

かわいいお尻を見せてくれたハナムグリ。
虫も追いかけまくってたくさん撮れましたが、これはまた後日別記事にまとめます。

サプライズという名のバラ。

ハチもブンブン飛んでいましたが、刺されそうな危機感はなかったです。
適切な距離を保っていれば大丈夫。しかし断言はできないのでお子様はご注意ください。

薄紫色の「ブルー・バユー」、これがめちゃくちゃキレイでした。
バラといえば赤色なのでちょっと新鮮な気分。

シティ・オブ・バーミンガム・ローズ」。
おもちゃ感満載の赤いバラです。お風呂に浮いてる花びらに似てる(小並感)。

これぞバラ!って感じのバラ。
名前が知りたかったのですが、近くに立て札がありませんでした。見落としたのかしら。

素人が抱くバラのイメージとは少し違った「スノー・グース」。隣にはタンポポのふわふわも。

 

 

 

 

 

 

いくらか花びらも散っていますね。
幸い今年は26日までいい天気が続きそうなのでひと安心。

これが5月11日に新しくオープンした回廊内の様子。

長椅子を並べた休憩所があって、歩行スペースも広いので休憩しながらゆったり楽しめます。もちろん車椅子、電動車椅子での利用もOK。

スズメも心なしか気持ちよさそう。
バラにはまったく興味がないようで、シロツメクサと葉の間あたりをついばんでご飯食べていらっしゃいました。

写真中央あたりで飛ぶクマバチ。

音はこわいですが、こちらから手を出さなければ害のないハチです。よくみると黄色いモフモフがかわいいんですよねえ。

回廊内にちょっとしたバラのトンネルもありました。
ちょっとスカスカな印象も否めませんが、木漏れ日的効果があって気持ちよかったです。

どこ歩いてるかわからなかったけど、とりあえず雑草などなど

長居公園の植物園は、広いうえに岐路がたくさんあるので
地図持って歩かないとすぐに迷子になってしまいます(私は)。

もちろん定期的に地図の看板が立てられているのですが、森みたいなところに進むので看板どころか人もいないんですよねえ……。

バラ園を出てすぐの場所で見つけた名札。

キダチチョウセンアサガオなんてはじめて聞きましたが、どこに咲いているのやら。

見つけました!
小学校で育てた思い出がふとよみがえりましたが、おそらくそれとはまた違う種類です。

ハート形の葉がかわいいカタバミ

果実の主張が激しすぎてちょっとかわいくなくなってました。
カタバミの仲間は、果実が熟すと種子が飛び出してくるのだそう。若干グロテスクな光景ですが見てみたい。

こちらはムラサキカタバミ

個人的には黄色いカタバミよりこっちの紫色のほうが好みです(聞いてない)。
葉は同じくハート型ですが、カタバミよりもワンサイズ大きいのが特徴。

ニワゼキショウ属の小さいお花。オオニワゼキショウで合っているでしょうか。

ニワゼキショウよりも大きな花…と思いきや、花はオオニワゼキショウのほうが小さく直径約1cm。分類としてはまだ確立されていないのだそう。

オオニワゼキショウの近くに立っていたオオバコの仲間。
ツボミオオバコ…?で合っているかはちょっと不安です。

まあ、キレイなお花!!

と思ったら、植栽されているダリア園でした。
手のひらサイズの花で存在感抜群。かわいいというかキレイというか、花!!って感じ(語彙力)。

素人が見ると野菜を植えているように見えなくもないですが、かなりたくさんのダリアが植えられていました。こんなにしっかり見たのってはじめてかもしれない。

フサフサの白い花びらがチャームポイントのヒメジョオン
しかし、花びらだと思っている白い部分は一つひとつが舌状花(ぜつじょうか)というお花なのです。不思議。

よく似た花にハルジオン↓がありますが、ハルジオンの葉はもっとへにゃっとして大きいイメージ。

ぜったい伝わらないイメージでした。
そしてもっとわかりやすい違いがありました。

ヒメジョオンは、花を咲かせると地面付近の葉が枯れます。対してハルジオンは開花しても葉は残ったまま

なんとなく葉っぱが寂しいならヒメジョオン。フサフサな印象ならハルジオンって感じです。
当然もっとしっかり見分ける方法もありますが、葉を基準に見るのが一番わかりやすいんじゃないかと…ぜひ試してみてください。

おっと、美味しそうな果実が落ちている…!!

撮影順に掲載しているので再登場のダリア
いやあ、本当に美しくてかわいいお花だなあ。

アカバナ科マツヨイグサ科ののユウゲショウ

開花の本番は夕方なのに、お昼間からがんばって咲いてくれていました。  

ダイアの近くで植栽されていたスカシユリ
まだまだつぼみですが、思わず撮ってしまうほどのビジュアル。

なんともない雑草でも、こんなふうに演出してくれています。
題して「万葉の道」。

万葉集で謡われている植物たち(万葉植物)の近くに看板を立て、実際の詩を書いてくれています。

植物と歴史どちらも好きな方なら一度に二度美味しいポイント!

3つのギザギザな葉から成る(実際には一枚の葉)チドメグサの仲間。

ノチドメグサかと思ったのですが確信が持てません。やはりまだまだ勉強が必要でした。

おっと、またあの果実を見つけました。

実はこれ、ヘビイチゴといって見た目にそぐわず美味しくないのだそう。
その食感はボソボソ。聞いただけでマズいってわかります。食べるの諦めました。

 

 

 

 

 

 

俯いて咲く白いお花。名前はわかりません(断言)。

ハナショウブ園にアオサギたちのお出まし!

お花はキレイですが、池の水はお世辞にも……なので遠くを見つめてたそがれてください。

ここからはハナショウブ園周辺に植えられたお花たちをノンストップで…!

噴水はかなり遠くにあるので目で涼みます。

名前がおもしろくて撮ったシラン

どの花の仲間とか、私知らんし…みたいな雰囲気(無理やり)。

こちらもなかなか個性的なお花。

青~紫色のキクって意外とキレイです。

アジサイといいキクといい、私は紫系のお花に惹かれるのかもしれません。

もうめちゃくちゃ天気がよくて最高でした。この時期のお散歩って本当無敵。

平日はこんな感じで人が少ないので、お一人でゆっくり歩くもよし、友人や恋人とキャッキャウフフしながら歩くもよし。

植物園の目玉、大花壇のハートのアーチ。

老夫婦が交代で撮り合ったり、遠足に来ていた園児たちがカラカラ鳴らしたりして賑やかでした。

お昼をすぎると、けっこう人が増えてきました。

私は帰ろうとしていたころなのですが、人が少ないほうがいいなら午前中がおすすめ!

素敵な花がたくさん植わっているのに、名前と一緒に紹介できないのが残念です。
ということでまたまたノンストップでいきます!

 


アサガオだと思うのですが、色が派手で驚きました。こんな種類があるのか…。

お金払わなくてもいいんです、実は

植物園の入り口付近にあるスモークツリー。

近くで見るとあまりキレイじゃないですが、遠くから歩いてくるときになんじゃこれ!?ってなります。ふわふわ浮いてる色付きのわたあめみたい。

公園内の歩道沿いに植えられたサクラが、小さい実をたくさんつけていました。

ちょっと質素なサクランボみたいでかわいい。10年前ならジャンプして採って食べてたかも(だめです)。
※日本で見られるサクラは美味しくないのだそう。食用として売られているものを食べるのが安心・安全。

というわけでたくさんの植物とときどき虫を紹介してきましたが、
実は植物園に入らなくても野草や木々は楽しめます。

植物園はあくまで手入れされた大きなお花畑なので、野草だけじゃものたりない!って方はぜひ200円で入ってみてください。お花好きなら半日は楽しめます(熱中症にはご注意ください)。